奈良観光おすすめガイド > 奈良のおすすめ名所(奈良公園周辺) > 東大寺の鐘

東大寺の鐘

東大寺の鐘を周辺マップ・アクセスガイド付きでご紹介。

東大寺の鐘は、大仏殿の東側、石段をあがった小高いところにあります。除夜の鐘で有名で、NHKの「ゆく年くる年」でも中継されたりします。鐘と鐘楼どちらも国宝。

東大寺の鐘をはじめて見る人は、その大きさにびっくりするでしょう。石段をあがっていくと、周りにあるどのお堂よりも大きな鐘楼と、「お寺の鐘」のイメージをくつがえす巨大な鐘が見えてきます。鐘楼には自由に入れるので、行ったらぜひ入って、真下から鐘を見上げてみてください。おっかないくらいです。

この鐘は、752年の大仏開眼のときからある歴史的なもの。「奈良太郎」なんていうニックネームを持っていて、「日本三名鐘」に数えられることもあります。鐘楼は鎌倉時代に改修されたもので、どちらも国宝。巨大さを実感できるのと、1,200年以上の長い歴史に思いをはせられるだけでも、足を運ぶ価値は十分あります。

鐘楼のまわりにはほかにも、東大寺を再建した俊乗坊重源(しゅんじょうぼうちょうげん)の像がある「俊乗堂」、行基菩薩の像がある「行基堂」、大きな地蔵菩薩がある「念仏堂」があります。有名な鐘のあるエリアのわりには、普段は人も少なくて静かなところです。

東大寺の鐘へのアクセス

歩いて

近鉄奈良駅から30分
大仏殿前(中門)から5分

バスで

近鉄奈良駅から4分
JR奈良駅から7分
「東大寺大仏殿」・「大仏殿春日大社前」下車徒歩12分

旅行計画はお決まりですか?

行きたいところが決まったら、つぎは宿えらび。
奈良の宿に泊まる
それから行き方を調べて、きっぷの手配。
新幹線で奈良へ

奈良観光おすすめガイド > 奈良のおすすめ名所(奈良公園周辺) > 東大寺の鐘

サイト内検索

奈良の宿空室検索

旅行会社のおトクな宿泊プラン・フリープラン(宿+JR)を見る

↑ページの先頭へ