奈良観光おすすめガイド > 奈良のおすすめ名所(奈良公園周辺) > 東大寺講堂跡

東大寺講堂跡

東大寺講堂跡を周辺マップ・アクセスガイド付きでご紹介。

東大寺講堂跡は、大仏殿の裏手にある芝生の広場。その昔、ここには大きな「講堂」が建っていてたとか。今は講堂の礎石(そせき)だけが残っていて、絶好のお弁当スポットになっています。

東大寺といえば、奈良でも一番人気の観光スポット。でも、観光客でごったがえしているのは大仏殿くらいまでで、広い境内には意外と静かなエリアもあります。講堂跡もそのひとつ。周辺を通る人もまばらで、講堂跡に寄る人はもっと少ないし、そのなかでも、ここが「講堂跡」というところだと知っている人は、ほとんどいないんじゃないでしょうか。

芝生が広がっているノビノビした広場には、柱が立っていた礎石が並んでいて、ベンチ代わりにちょうどいい感じ。ちょっと休憩したり、お弁当を広げたり、観光をサボって昼寝したりするのにおすすめのスポットです。たまにシカが通ったりしますが、講堂跡あたりにいるシカは、お弁当を狙って取り囲んだりしないようです。夏のサルスベリや秋の紅葉なども楽しめます。

講堂は、昔のお寺の重要な建物のひとつで、お経の講義や説法が行われるところ。何千ものお坊さんが勉強にはげんでいたところで、今でいえば大学でしょうか。東大寺は日本のお寺の中心として建てられただけあって、東大寺の講堂は「日本の最高学府」。そんな重要だった建物も、何度も火事にあって、戦国時代の火事で焼けたあとは建てなおされませんでした。

講堂跡の礎石に腰かけて、「昔、ここでたくさんのお坊さんが勉強していたんだなあ」なんて思いをはせながら、静かなひとときを過ごすのも、東大寺のまた違った楽しみ方のひとつです。

東大寺講堂跡へのアクセス

歩いて

近鉄奈良駅から25分
大仏殿前(中門)から6分

バスで

近鉄奈良駅から4分
JR奈良駅から7分
「東大寺大仏殿」・「大仏殿春日大社前」下車徒歩15分
または
近鉄奈良駅から4分
JR奈良駅から8分
「今小路」下車徒歩8分

旅行計画はお決まりですか?

行きたいところが決まったら、つぎは宿えらび。
奈良の宿に泊まる
それから行き方を調べて、きっぷの手配。
新幹線で奈良へ

奈良観光おすすめガイド > 奈良のおすすめ名所(奈良公園周辺) > 東大寺講堂跡

サイト内検索

奈良の宿空室検索

旅行会社のおトクな宿泊プラン・フリープラン(宿+JR)を見る

↑ページの先頭へ