奈良観光おすすめガイド > 奈良のおすすめ名所(奈良公園周辺) > ささやきの小径

ささやきの小径

ささやきの小径を周辺マップ・アクセスガイド付きでご紹介。

ささやきの小径は、春日大社の二の鳥居から高畑(たかばたけ)のほうにぬける散歩道。両側をアセビの木に囲まれた、ひっそりとした静かな道で、カップルなど静かに歩きたいときにおすすめのコースです。

春日大社参道の二の鳥居少し手前に、南側に入る道があって、入るとすぐにささやきの小径の入り口があります。参道からの入り口が分かりにくいので、地図や案内板をしっかり確認してください。ささやきの小径に入ったら、あとは一本道。土の道で、多少デコボコしているので、できれば歩きやすい靴がおすすめ。

ささやきの小径の両側は、とにかくひたすらアセビの森が続きます。奈良公園は全体的にアセビの木が多いんですが、ここは特に多い感じ。アセビには毒があってシカが食べないので、こんなに増えたんですね。アセビは、冬から春にかけて、スズランみたいな小さなツボ型の花を咲かせます。ささやきの小径は、アセビの花を見にいくにも絶好の場所。

ささやきの小径は、もともとは「下の禰宜道(しものねぎみち)」という名前だそうです。禰宜というのは春日大社の神官のこと。ささやきの小径をぬけたところにある高畑は、もとは神官が住んでいた町。そこから春日大社に「出勤」するときに通った道が禰宜道です。ささやきの小径より東側(山側)に「中の禰宜道」と「上の禰宜道」もあります。

ささやきの小径の南側には、志賀直哉の旧居があって、有料で見られます。新薬師寺にも近いです。眺めがよかったり、途中に文化財があったりするわけではありませんが、神官が通った時代に思いをはせたり、デートしたり、物思いにふけったり、いろいろな使い方ができる道です。

ささやきの小径へのアクセス

歩いて

近鉄奈良駅から30分
興福寺から25分
東大寺(大仏殿前)から20分
春日大社南門前から4分

バスで

近鉄奈良駅から7分
JR奈良駅から10分
「春日大社本殿」下車徒歩2分

旅行計画はお決まりですか?

行きたいところが決まったら、つぎは宿えらび。
奈良の宿に泊まる
それから行き方を調べて、きっぷの手配。
新幹線で奈良へ

奈良観光おすすめガイド > 奈良のおすすめ名所(奈良公園周辺) > ささやきの小径

サイト内検索

奈良の宿空室検索

旅行会社のおトクな宿泊プラン・フリープラン(宿+JR)を見る

↑ページの先頭へ