奈良観光おすすめガイド > 奈良の桜スポット > 氷室神社

氷室神社

氷室神社は、門前のしだれ桜が見事な桜の名所。近鉄奈良駅から東大寺へ歩いていく途中、登大路沿いにあります。

あまり大きな神社ではないので、ふだんは前を通っても気づかないくらい。歩道と反対側なこともあって、ほとんどの人はす通りしていきます。これが桜の時期になると一転、大勢の人でにぎわいます。

楼門横にあるしだれ桜は、かなりの樹齢のようで、まあ見事な枝ぶり。満開になるとかなりの迫力です。このしだれ桜、奈良で一番早く咲く桜として有名。周辺のスポットが見ごろのころには、盛りを過ぎてやや色あせた感じになります。それでも、境内にはほかにソメイヨシノなどもあって、長い期間桜が楽しめます。

氷室神社は、その名のとおり氷の神様をまつった神社。昔、冬に氷を作って氷室に保存し、朝廷に献上していた名残りで、氷関係の業者の信仰があつくて、毎年5月1日の「献氷祭」には全国から製氷業者がお参りにくるとか。

氷室神社へのアクセス

歩いて

近鉄奈良駅から15分
興福寺(五重塔)から10分
東大寺(大仏殿前)から10分

バスで

近鉄奈良駅から4分
JR奈良駅から7分
「氷室神社・国立博物館」下車すぐ

旅行計画はお決まりですか?

行きたいところが決まったら、つぎは宿えらび。
奈良の宿に泊まる
それから行き方を調べて、きっぷの手配。
新幹線で奈良へ

奈良観光おすすめガイド > 奈良の桜スポット > 氷室神社

サイト内検索

奈良の宿空室検索

旅行会社のおトクな宿泊プラン・フリープラン(宿+JR)を見る

↑ページの先頭へ