奈良観光おすすめガイド > 奈良の観光コース > ならまち散策コース

ならまち散策コース

おもむきある町並み歩きが楽しい「ならまち散策コース」を、コースマップ付きでご紹介。

ならまちは、奈良の中でも最近人気が出てきたエリア。古い家並みが残っていて、「町歩き」を楽しめます。奈良公園観光とは一味違った、「大人の奈良観光」を楽しめるコースです。

近鉄・JR奈良駅から猿沢池へ

駅から歩きはじめるなら、近鉄奈良駅のほうが近いですが、JRの奈良駅でもそんなに変わりません。近鉄奈良駅だったら、地下の駅を東よりの出口から出て、アーケード街「東向通り」を南へ歩いて三条通りへ。JRの奈良駅からなら、北側の大きな交差点を渡って、お店が並ぶ三条通りを東へ進みます。

両方からの「合流点」の少し先で猿沢池に着くので、池沿いに右へ。まずは池越しに興福寺の五重塔を眺めましょう。奈良を代表する「絵になる景色」を楽しんだら、いよいよならまち散策のはじまり。ならまちは「ここからここまで」と決まっているわけではなく、猿沢池の南あたりからなんとなく始まっている感じ。

猿沢池から元興寺(極楽坊)へ

ベンチがあるあたりから南に向かう道を歩きはじめます。ずいぶん狭い道ですが、ならまちの道はだいたいこんな感じです。そのうち車道に出るので、左へ。次の十字路を右に曲がりますが、左を見ると道の先に五重塔が見えます。

曲がったら、すぐに元興寺(通称「極楽坊」)に到着。建てこんだ町中にしては広いお寺です。拝観するなら、奈良時代の名残りが残る国宝の建物をじっくり見たいところ。

元興寺(極楽坊)から庚申堂へ

元興寺を後にして、もとの道を南へ。次の十字路を右に曲がりますが、今までで一番細い道なので、見落とさないように。このあたりから、ならまちの「中心部」に入ります。特に古い感じの建物が並んでいて、タイムスリップしたような、いい雰囲気です。

「かぎの手」状に左→右と曲がって、つぎの丁字路を左へ。まもなく右側に、赤い人形がビッシリぶら下がった小さなお堂「庚申堂」があります。ならまちのシンボル的存在。中が見えるわけではないですが、建てこんだならまちらしい、象徴的なスポットです。赤い人形は「身代わり猿」などと呼ばれる魔除けのお守り。このあたりの家にはたいていぶら下がっているので、探しながら歩きましょう。

庚申堂から元興寺塔跡へ

庚申堂にお参りしたら、来た道を少し戻ります。「かぎの手」を過ぎて、細い道の手前を右へ。おもむきある古民家を眺めながら行って、左の「史跡元興寺塔跡」と書いた石柱がある路地を入ると、小さなお寺があります。門はサクがしてありますが、左の開いているところから入れます。

ここも「元興寺」の名前を伝えるお寺。入った正面に、江戸時代の末まで千年以上建っていた元興寺五重塔の礎石があります。たったそれだけのスポットですが、いにしえの大寺・元興寺を知るうえで貴重なところ。春の桜をはじめ、四季折々の花も魅力です。

元興寺塔跡から十輪院へ

元の道に戻って南へ進んで、すぐの角を左へ。赤い立派な鳥居がある御霊神社を過ぎていきます。今度は一転、「昭和」な町並み。多少建て込みかたが緩んできたころ、左に築地塀とささやかな門が見えてきて、十輪院に到着。

狭い境内には、貴族のお屋敷風で上品な国宝の本堂と、ちょっとした庭園があります。どことなくホッとできるスポットで、境内自体は拝観料が要らないので、一休みしていきましょう。

十輪院から福智院へ

十輪院を出たら、前の道をさらに東へ。少し行くと、久しぶりに交通量の多い道路に出ます。ここで渡ってもいいですが、車が多くて渡りにくいので、左に曲がって次の信号を渡るほうがいいでしょう。渡ったら東へ。すぐに、黄色い土ベイと立派な二重屋根が印象的な、福智院が見えてきます。

ここも、ささやかながら歴史の深いお寺。境内は無料ですが、拝観料を払って本堂に入ると、立派な「地蔵大仏」を見られます。

奈良観光おすすめガイド > 奈良の観光コース > ならまち散策コース

サイト内検索

奈良の宿空室検索

旅行会社のおトクな宿泊プラン・フリープラン(宿+JR)を見る

↑ページの先頭へ